ブラック企業に飼い殺しにされた『負け組』の俺が三姉妹お嬢様の家庭教師になって人生大逆転する (外部サイトで読む

エルトリア

工藤幸人はIT系ブラック会社に勤務している三十歳の男性会社員。同期が次々とやめていくなか、幸人は終電を逃し、街中をさまよい歩いていた。

その最中、自動車事故の現場を目撃してしまう。その車中から、壮年の男性を救い出す。
警察の対応、そして事情聴取に応えふらふらになりつつも翌日、いつものように出社すると、企業の方にとある有名会社から連絡が来ていた。
その有名会社は、世界的に名前が響いている大企業TALOSであった。幸人が先日の事故で助け出したのは、TALOSの社長だったのだ。
TALOS本社に呼び出された幸人は、恐る恐るながら話を聞く。

社長が幸人に依頼してきたのは、自分がロシアに海外進出し、そこを生活拠点とするにあたり、幸人を娘たちの家庭教師兼お目付け役にしたい、というものだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    最中
    TALOS
    幸人
    TALOS本社
    壮年
    工藤幸人
    終電
    車中
    大企業TALOS
    事情聴取
    ロシア
    警察
    負け組
    なか
    翌日
    海外進出
    社長
    家庭教師
    自動車事故
    現場

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち