世界最強の男(仮) ~重力十分の一の異世界では俺は超人のようです~ (外部サイトで読む

シオヤマ琴@書籍化&漫画化

俺は黒岩蔵人、二十六歳。 テレビ局でアシスタントディレクターとして忙しい日々を送っていた。 そんなある日ディレクターの指示で買い物に出かけたところトラックに撥ねられて死んでしまう。 だがそんな俺の前に神様が現れ地球の十分の一の重力の異世界に生き返らせてやるという。 その世界では俺は超人だということだが……はてさて。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アシスタントディレクター
    重力
    hellip
    超人
    日ディレクター
    忙しい日々
    買い物
    テレビ局
    異世界
    世界最強
    重力十分
    神様
    黒岩蔵人
    指示
    はてさて
    十分
    地球

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち