引退試合で負けて感傷に浸っていると、同期から声を掛けられました。 (外部サイトで読む

金澤実椿

商船学校三年、橋本七海は七月に開催される漕艇大会に向けて全てを注いでいた。一生懸命に頑張ったが結果はボロ負けで、放心状態の七海の前に三年間共に漕いできた同期の剣 裕斗が現れる。

※本編は完結しました。

※番外編はコメディ要素多めです。

※予告なく加筆修正しております。

※表紙は透明水彩で描きました。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    感傷
    漕艇大会
    七海
    ボロ
    橋本七海
    透明水彩
    裕斗
    同期
    コメディ要素
    放心状態
    表紙
    引退試合
    予告なく加筆
    番外編
    商船学校三年
    結果
    本編
    全て

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち