レンタル法要応援人 〜死後のお裁きも四十九日〜 (外部サイトで読む

朔々

四十九日。故人があの世のどこに行けるかどうかを決める最終裁判の日。一般的には親しかった者たちが法要を行なってくれることによって良い裁きが下るのだが、個人化が進む社会では孤独死する者たちも多い。そこであの世にて新たに整備された画期的システム『レンタル法要応援人』。まだ始動し始めたばかりで、パートの庶務事務で雇われているはずの私、サトリにまで応援要請が来てしまって!?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    サトリ
    あの世
    故人
    法要
    死後
    庶務事務
    孤独死
    パート
    応援要請
    お裁き
    最終裁判
    レンタル法要応援人
    者たち
    社会
    個人化
    四十九日

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち