僕と彼女の優先順位 (外部サイトで読む

下之森茂

「いま誰かとお付き合いしてますか?」

1年前に故郷の両親が亡くなって、
僕は離島にあるマンションの管理人になった。

管理人室に忍び込んだマンションの住人は、
青色の髪をしたえくぼの眩しい女の子。

好意を示す彼女に僕は戸惑うばかり。

彼女から近隣トラブルで相談をされたのが
きっかけで、僕は事件に巻き込まれる。

※本作はフィクションです。
 実在の人物や事件・企業・地域、および
 機械語などとは一切関係ありません。

――――――――――――――――――――
他サイトでも重複掲載。
https://shimonomori.art.blog/2021/07/23/priority/

※本作は横書き基準です。
 1行23文字程度で改行しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    priority
    フィクション
    青色
    好意
    横書き基準
    shimonomori.art.blog
    住人
    実在
    故郷
    眩しい女の子
    優先順位
    両親
    https
    離島
    人物
    近隣トラブル
    重複掲載
    きっかけ
    マンション
    事件

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち