東洋竜騎の冒険譚〜「魔力0のお前は我が家の恥だ!」と魔導貴族家から追放されましたが、俺に扱えるのは魔力ではなく妖力でした。相棒の竜も見つけているので冒険者として自由に生きます〜 (外部サイトで読む

八茶橋らっく

カイル・グライシアは魔導貴族グライシア家の嫡男だった。
しかしカイルは一切の魔術系スキルを授からなかった上、十六歳になっても魔力はゼロ。
「魔力0のお前は我が家の恥だ!」と言われたカイルは実家から追い出されてしまった。
けれどカイルの家族も屋敷の使用人も知らなかった。
早くに亡くなった東洋出身の母の遺伝で、カイルが操れるのは生物に宿る魔力ではなく自然エネルギーの妖力で、その実力は王国有数のS級冒険者以上のものだったことを。
魔力至上主義の貴族社会に嫌気がさしていたカイルは追放を機に、自由に生きられる冒険者へと転向する。
これは最強の妖力使いカイルが冒険者として名を馳せる物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    カイル
    使用人
    嫌気
    カイル・グライシア
    魔力
    追放
    東洋竜騎
    嫡男
    遺伝
    魔導貴族グライシア家
    相棒
    魔力至上主義
    妖力
    妖力使いカイル
    屋敷
    王国有数
    冒険譚
    最強

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち