魔力の源器と魔門の使い手 ~魔力を生成できない無能な魔法軍幹部の跡取り息子は、龍の眠る魔力の源器から直接魔力を得る~ (外部サイトで読む

刹那=トコシエ

【第零章はゆったり展開。第一章後半(第18話)辺りから加速します!!】

 かつて、この世界に魔力は存在しなかった。だが、ある時、五柱の龍が現れ、人々に魔力を与えた。その五柱の龍は、それから数百年たった今でも「魔力の源器」に姿を変えて存在している。
 
 物語の舞台は、魔力の源器を所蔵するテイラス魔法王国。魔法を使えない無能であるのに、世襲制の恩恵により王立魔法軍幹部の座を約束されている主人公・奏多英雄。ある日、突然襲撃され、その結果出会った一人の男によって彼の運命は大きく変わる。

【以下、ネタバレを含みます】

 魔力が生成できない主人公は、魔力の源器から直接魔力を得る技術・魔門術を得る。そして主人公はヒロインと共に龍の力をその身に宿す。やがて明かされる、世界の真相。主人公たちが生きる世界は、結界によって断絶された、世界の一部だったのだ。

 主人公たちは結界の外に出て、未知の世界の争乱に巻き込まれる。幾多の死地を越え、主人公たちは世界の行く末に関する重大な選択を迫られる。

 一生無能だったはずの少年は力を得て、龍を宿し、仲間と共に世界の真実を目の当たりにする。これは、強大な力を得た人類がたどった、激動の時代の物語。


 主人公たちの壮大な旅路に、どうか最後までお付き合いください!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    旅路
    行く末
    激動
    魔力
    未知
    目の当たり
    テイラス魔法王国
    真相
    人類
    奏多英雄
    真実
    魔法軍幹部
    運命
    主人公
    世襲制
    跡取り息子
    争乱
    恩恵
    王立魔法軍幹部
    ヒロイン

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち