追放(加害者談)国王の異世界道中珍食記 (外部サイトで読む

鳥枝

国王アレクトラ三世は齢60にして実の息子であるエドワードによって王城から追放されてしまう。

しかし追放だと言い張っているのはエドワード本人のみで、周りはアレクトラ自身も含めてアレクトラの身体を気遣った親孝行だと気が付いていた!

しかしまだ若さの残るエドワードをそれでいじるのは良くない!きっと恥ずかしさで仕事が手につかなくなるであろうと感じた周囲の気遣いによってそれは国王の追放劇となった。

充分な路銀(定期的に役所で追加)と最高級の護衛、最上位の女官と共にアレクトラは王城を後にする。

アレクトラの手には杖、そして料理本が握られていた。

これは物見遊山で津々浦々を回る元国王のグルメ物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    物見遊山
    女官
    津々浦々
    エドワード
    国王
    アレクトラ
    護衛
    追放
    追放劇
    アレクトラ自身
    エドワード本人
    国王アレクトラ三世
    元国王
    役所
    周囲
    路銀
    異世界道中珍食記
    加害者談
    王城

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち