侯爵令嬢リリーには、記憶がない。 (外部サイトで読む

夕立 悠理

――全てが上手く行っているはずだった。その日までは。
 学園への入学式当日、リリーが目を覚ますと、そこは2年後の世界だった。しかも、どうやらリリーはその2年の間に色々やらかしてしまったらしい。
 婚約者に婿養子に入ってもらうはずだったのに、家族から見放され、侯爵家は義弟が継ぐことになり、お払い箱となってしまった。
 愛しの婚約者とも婚約を破棄され、そして更には、楽しみにしていた学園中で嫌われており、留年までしてしまったらしい!
 なぜ、リリーは色々やらかしてしまったのか?リリーは果たして記憶を取り戻すことができるのか?
 ――自分の罪を償いながら、周りの人間関係を再構築していく令嬢の話。
※息抜きに書いているので、一話当たりの話数がかなり短めです

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    侯爵令嬢リリー
    留年
    婿養子
    義弟
    リリー
    息抜き
    令嬢
    侯爵家
    婚約
    学園
    記憶
    再構築
    入学式当日
    周り
    婚約者
    学園中
    かなり
    家族
    一話当たり

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち