金貨一枚を貸したら辺境伯様に捕まりました。金貨一枚でお邸に住めるなんておかしくないですか? (外部サイトで読む

屋月 トム伽

教会で仕事を押し付けられる日々の中、コツコツ貯めた小銭を金貨一枚に交換した帰りに一人の男性に出会った。
雨の中帰れず困っているようで、勿体無いが金貨一枚を渡すと後日彼はまた教会にやって来た。

「俺はレスターと言う。早速で悪いが君を連れて帰りたい」
「は?」

そして、聖女の仕事を頼んでいた彼は雪の街スノーブルクの辺境伯レスター様で私を連れて帰りたいと言い出し私はそのまま、教会からレスター様の邸に連れて行かれた。

そして、私がいなくなった教会は段々と大変なことになっていく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    レスター
    小銭
    辺境伯レスター様
    街スノーブルク
    辺境伯様
    段々
    教会
    レスター様
    勿体無い
    後日彼
    金貨一枚
    聖女
    男性
    お邸

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち