金運には恵まれたが人運に恵まれなかった俺は、現実逃避するためにフルダイブVRゲームの世界に逃げ込んだ (外部サイトで読む

にがりの少なかった豆腐

宝くじにより大金を手に入れた主人公だったが、それを皮切りに周囲の人間関係が悪化し、色々あった結果、現実の生活に見切りを付け、溜まっていた鬱憤をVRゲームの世界で好き勝手やって晴らすことを決めた。
そして、課金したりもふもふしたり、てえてえしたり、なんて事をしている内にダンジョンを手に入れたりする主人公の物語。

※ 異世界転移や転生、ログアウト不可物の話ではありません ※



冥加は昔当てた宝くじを元手に株をやった結果、既に20代前半にして300年遊んで暮らしても無くならない程の資金を手に入れていた

このことは何処にも漏らしていないはずだったのに、今まで居た友人も、繋がりの薄かった親戚も、見知らぬ親戚と名乗る人物が次から次へと金を目当てにやって来る。

そうして金を目当てに近づいてくる人が途切れない生活がしばらく続き、冥加は完全に人間不信となり精神を病んでしまった。

その所為で大金を手に入れてから何をやっても楽しくない。楽しめない。

両親は10年ほど前に事故で亡くなり、親戚もほぼ居ない。
寄付をしようにも、寄付した金額の大半が企業が使かった様子が見られない。着服されているのに気づいてからは寄付もしなくなった。

本当にお金はあっても使い道が無い。
気まぐれにマンションを一棟買ってみるも、賃貸契約でむしろ金が増えてしまった。

彼女を作ろうにも寄って来る女の全てが金目当てに見えてしまい、付き合うどころか近づきたくも無くなった。

ああ、このまま一人で死ぬのか。そう思っている冥加は、持っていたスマホの画面に映った広告が目に入った。

『貴方の思うままのことが出来るVRMMO ”Full ✕ Stories Online” 近日リリース!! 第1陣プレイヤー現在募集中!』 

現実の人間関係に疲れ果てていた時にたまたま見たゲームタイトルはダサいが、思うままにと言うキャッチフレーズに心を惹かれ、冥加はそのままその広告を踏んでサービス開始からプレイできる第1陣のプレイヤー募集に申し込んだ。


これは現実に絶望し、生きる気力を失った男がVRゲームの世界で好きに生きるだけの話

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち