姉弟で異世界に飛ばされたら、姉が聖女の責務を強要されたので国の歴史を塗り替えることにした。 (外部サイトで読む

水崎 玲

九歳年の離れた姉弟である朝桐美祢と陸はある日異世界のアクララン王国にいた。

実は姉・美祢の魂は本来召喚先の世界に生まれるはずだった聖女の魂が日本に誤って降りてしまったもので、大規模な転移魔法を用いてこの世界に「連れ戻された」のだという。
その魔法が発動した時、美祢に抱きしめられていた陸も一緒に飛ばされてしまったのだ。

「聖なる責務を果たして国を守ってほしい」と聖女に祀り上げられる美祢を支えるために陸は聖女について学び始めるが、その過程で失われた真実を知ることになる。





旧題『姉弟で異世界に飛ばされました』

「小説家になろう」様、「カクヨム」様、「アルファポリス」様にも掲載しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    カクヨム
    美祢
    責務
    姉弟
    アクララン王国
    転移魔法
    朝桐美祢
    過程
    旧題
    魔法
    本来召喚先
    聖女
    小説家
    歴史
    異世界
    日異世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち