きらめく星に眠る

泉 花凜

温暖化による異常気象が佳境にまで迫った未来の地球。日本に、火星移住政府からの人類救済転送装置『列車』がやってくることを国の情報機関で知った「わたし」は、ただ一人の肉親である祖母を連れて、地球脱出計画を試みるが……。絶望と救済のライトSF。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    未来
    佳境
    救済
    祖母
    人類救済転送装置
    火星移住政府
    列車
    異常気象
    絶望
    ライトSF
    地球脱出計画
    地球
    温暖化
    わたし
    情報機関
    日本
    一人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • ゆーり。
  • 地球が駄目になったら次は火星へ行く
    って聞いたことがあったので
    親近感が湧きました(´;ω;`)
    それに地球が終わることを考えるともう深いです。。(>_<)
    地球が終わっても、人間は生き続けてほしいなと思いました( ˘ω˘ )
  • 2021年06月08日 09:24

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち