黒鬼捻転陽 (外部サイトで読む

若槻スノコ

・僕――恒川勇気はごくごく普通の高校生だ。
・やっぱりさ、自室っていいよね。観光名所とか、友人の家とか、旅館とかいろんなところ行ったけどさ、やっぱり自室が一番だわ。
・一閑市の、努々山からほど遠い森奥には、霊能力を持った人間しか入れない学校がある。
・眠い。圧倒的睡眠欲。
・この度、俺常室良雪は夏休みを利用して母方の祖父の家があるM県山坮町せんだいちょうにやってきたわけだけど、これと言ってやることが無くて最高にヒマだ。
・……ここはどこだろう。
・人は根底の部分でつながっているというのをどこかで聞いたことがある。
・小学六年生の頃、僕の母は交通事故で死んだらしい。
・この世界には霊能力者というものが存在する。

※ 第一章~第七章まで書いて未来に行き過ぎたので一回違う世界に舞台移します

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    恒川勇気
    母方
    自室
    根底
    黒鬼捻転陽
    祖父
    ほど遠い森奥
    M県山坮町せんだいちょう
    努々山
    旅館
    睡眠欲
    観光名所
    霊能力
    一閑市
    俺常室良雪
    舞台
    交通事故
    友人
    未来

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち