年上婚約者は溺愛したいそうです。~おかしな属性を身に付けて帰って来ないで下さい~ (外部サイトで読む

屋月 トム伽


12歳の時に婚約者が決まった。
婚約者は20歳のクレイン・ウィルクス次期公爵様。
お父様に連れて行かれて、ウィルクス公爵邸に行くと、公爵様に紹介されたご子息は見目麗しく、銀髪に私と同じ深い緑の瞳に眉間にシワを寄せ、唇はうっすら真横に開き固まっていた。

身長差は何十センチ?というくらい背が高く、ただでさえ小柄な私とはどう見たって釣り合わない。

「どうした、クレイン?エステルが可愛くて言葉もないか?」
「そ、そうですね。可愛らしいお嬢様で…」
「そうか、気に入ったか。クレインも可愛いと思うか」

そして、12歳で20歳のクレイン様との婚約が決まった。
しかしクレイン様は隣国に仕事を兼ねた留学に行くことが決まっており、1ヶ月後には隣国に行ってしまわれた。

それでも、二人の手紙のやり取りは続き、婚約という縁は切れることなく年月は経っていく。

その間にお父様は他界し、ウィルクス公爵様も他界する。
お父様達のいなくなった私は使用人達から小娘扱いをされ、嫌がらせを受け始めていた。
そして、やっと帰って来たクレイン様は…。


  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    クレイン
    エステル
    ウィルクス公爵邸
    眉間
    隣国
    ウィルクス公爵様
    嫌がらせ
    クレイン・ウィルクス次期公爵様
    年月
    クレイン様
    シワ
    使用人達
    婚約
    属性
    やり取り
    手紙
    留学

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち