縁談を断った結果、運命の相手が見つかりました。 (外部サイトで読む

惟名水月

ある日、アトリア家の跡継ぎであるアレンに縁談の話が来た。

相手は、カストル家の令嬢、フィーナ姫。その縁談の話をアレンは断ろうと心に決めていた。

身を固めてしまえば、今までのように家を抜け出したりするような、自由がなくなってしまうのだ。

そして、縁談当日、フィーナ嬢に向かって、縁談の断りの言葉を継げようとしたアレン。すると驚いたことに、同時にフィーナもアレンと同じ言葉を口にしたのだ。

「この縁談、無かったことにして頂けませんでしょうか?」

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    相手
    フィーナ
    縁談
    跡継ぎ
    アレン
    アトリア家
    カストル家
    フィーナ嬢
    令嬢
    フィーナ姫
    縁談当日
    運命
    結果
    言葉

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち