幼馴染の女の子が救世の巫女に選ばれて離れ離れになったけど十六歳の誕生日に再会してお祭り騒ぎの中、天から女神が降臨したり護衛役に選ばれたりしたので、俺は旅に出た。 (外部サイトで読む

安藤景一

英雄譚に憧れ、旅立つことを決めた少年トモア。叔父から旅に出る前に、近日中に行われる降臨祭を見ていくように言われる。だが、トモアは気が進まない。降臨祭は本来、静かに過ごす日。しかし、今年のセルビエスの降臨祭は違っていた。数百年に一度生まれるという巫女がセルビエス出身だったからだ。巫女が十六歳になると生まれた街に戻り、天から聖女を降臨させる儀式が行われるという

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    お祭り騒ぎ
    セルビエス
    叔父
    天から女神
    救世
    セルビエス出身
    巫女
    幼馴染
    儀式
    英雄譚
    トモア
    少年トモア
    護衛役
    降臨祭
    憧れ
    本来
    誕生日
    近日中
    聖女

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち