訳ありすぎる伯爵子息の運命は、「救国の英雄」?~主を喪った自殺志望の伯爵子息(騎士)が愉快な仲間たちと腐敗しまくった帝国を救うまで~ (外部サイトで読む

瑞紀

「こんな罪深い僕に、生きる価値なんてありません」

忠誠を誓った皇太子、アーチボルトを亡くしたシリル。彼はアルスター伯爵家次男にして騎士。主を喪って以来、自殺未遂を繰り返すようになっていた。療養という名目のもと、彼は医術士であるソフィアの診療所に厄介払いされる。そこにいたのは貴族嫌いの商人ルーカスだった。

「アタシは医術士だよ。一度引き受けた患者は面倒見る」
「俺は何者だろうね? お前はどう思う?  」

一見平凡な彼ら。実はとんでもない個性派揃い!?彼らと過ごすうちに少しずつ変化していくシリルだったが……。

甦るトラウマと犯した罪に苦しむシリル。帝都での新たな仲間との出会い。明らかになる腐敗しきった帝国の内部。そして暴かれる、シリルさえ知らなかった、彼の存在に隠されたとある「真実」。激動に彼は否応なく巻き込まれることになる。

「僕には無理です! そんな覚悟、僕には……! 」

求められるのは「覚悟」。 個性に彩られた仲間たちと紡ぐ「訳あり」シリルの冒険譚、ここに開幕!これは全ての人に贈る、青年たちの葛藤と成長の物語。


※タイトル、あらすじを大幅に変更しました(5/14) 実験的措置です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    シリル
    救国
    療養
    貴族
    自殺未遂
    帝都
    伯爵子息
    皇太子
    商人ルーカス
    アタシ
    ソフィア
    激動
    アルスター伯爵家次男
    名目
    アーチボルト
    何者
    葛藤
    トラウマ
    医術士

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち