零の討魔師 ~~魔力が無いことで無能と蔑まれた僕だけど、実は魔力ゼロということが唯一無二の才能だったことは、まだ誰も知らないようです~~ (外部サイトで読む

惟名水月

魔法を一切使えない少年リア。誰しもが多かれ少なかれ魔法を使える世界で、魔力を持っていなかったリアは、周りからも無能であると烙印を押されていた。

だが、リアには一つの夢があった。それは、討魔師になると言うこと。
魔法で悪さをする存在『堕魔』から、人々を守る存在、それが討魔師である。

来る日も来る日も、討魔師になるべく、様々な討魔師達の元で働くことを志願するが、魔力が無いことを理由に断られ続けたリア。討魔師として採用されるはずもなく、諦めかけていたリアの元にあるニュースが届く。

『王立討魔師養成学園の設立』

かつて前例のない、王に認められた討魔師の育成機関。合格すれば、討魔師としての成功はまず間違いない、リアにとってはこれ以上無い好機であった。だが、周りの者は口をそろえて言う。

「魔力の無いお前が、合格できるはずがない」

だが、その時はまだリアの周りの者はわかっていなかった。魔力を持っていなかったリアだったが、それは彼に与えられた何よりの才能であったということを。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    烙印
    好機
    前例
    魔力
    唯一無二
    王立討魔師養成学園
    才能
    討魔師
    リア
    討魔師達
    少年リア
    設立
    魔法
    人々
    育成機関
    魔力ゼロ
    魔師

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち