嫁になった吸血鬼の甘え方が可愛すぎる件 ~彼女の正体を知った俺は「記憶を消すか」「結婚するか」選べと言われて結婚を選びました~ (外部サイトで読む

平成オワリ

今年から高校生になる草薙(くさなぎ)陽翔(はると)は春休み、夜の公園で美しい少女に血を吸われてしまう。

翌日、いきなり少女とその姉に拉致された。
そして吸血鬼の正体を知った人間は結婚して身内になるか、記憶を消すかどちらかしかないと告げられ、陽翔は夜明(よあけ)瑠璃(るり)と結婚することを決める。

普通の人間ではなく吸血鬼であることにコンプレックスを抱いていた瑠璃は、己の存在を初めて受け入れてくれた陽翔に甘えるようになってきて――。

「ハル君ハル君……ちょっとだけ、血を吸ってもいいかな?」
「ちょっとだけなら……あ、ちょっ⁉ ちょっとって言ったのに待ってこれ以上はヤバっ……」
「ちゅー」

そして、とても可愛い吸血鬼の許嫁とイチャイチャ甘々な日々が始まるのであった。 

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    さなぎ
    hellip
    許嫁
    草薙
    陽翔
    瑠璃
    身内
    コンプレックス
    るり
    ハル君ハル君&hellip
    正体
    可愛い吸血鬼
    甘え方
    翌日
    記憶
    吸血鬼

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち