ギルティタトゥー~死刑囚10万人都市~

犬項望

 劇団回天座の俳優、伏見谷義月は、妹や仲間とともに慰問公演のため罪紋島刑務所を訪れた。
 ところが女刑務所長ヨミに冤罪をなすりつけられ、即決裁判で死刑を言い渡されると、一行はそのまま刑務所に捕らわれてしまう。

 所内は一見するとありふれた地方都市の姿を為しており、住民は全員が死刑囚、それが平和な市民生活を送っているという異常な世界であった。
 回天座一行が犯罪者たちに襲われ、魔手にかかろうとしたとき、屈強な肉体を持つ殺人鬼、荒丸龍登が強大な膂力で罪人たちを蹴散らし、義月たちを窮地から救う。

 自宅に帰りたがる一行に龍登はこの都市の恐るべきルールを教える。それは、他の市民、即ち死刑囚を三人処刑すれば釈放されるというものだった。
 義月は妹や仲間たちを釈放に導くべく殺人を決意し、死刑囚たちとの戦いに身を投じる。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    釈放
    窮地
    冤罪
    ギルティタトゥー
    刑務所
    慰問公演
    一行
    死刑
    死刑囚
    膂力
    即決裁判
    殺人
    女刑務所長ヨミ
    罪紋島刑務所
    ち死刑囚
    肉体
    龍登
    罪人たち
    荒丸龍登
    死刑囚たち

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち