《俺、貸します》平凡だと追放された俺。実は攻撃・防御全てを陰で一手に担ってました。ギフト『無限変化』は全武器適正かつ大量スキル習得可なので【レンタル冒険者】始めます。幸せにやってるので、追放した奴は地獄でも見てろ! (外部サイトで読む

たかた

★4/19〜20で10話近く連続投稿します! ざまぁ回まで持っていきます。

これはパーティーを追放された男が、その実力で上り詰め、唯一無二の『レンタル冒険者』として無双を極める話である。(新形式のざまぁもあるよ)
ここから、直接ざまぁに入ります。スカッとしたい方は是非!


「君みたいな平均的な冒険者は不要だ」

この一言で、パーティーリーダーに追放を言い渡されたヨシュア。

しかしその実、彼は平均を装っていただけだった。

レベル35と見せかけているが、本当は350。
水属性魔法しか使えないと見せかけ、全属性魔法使い。

あまりに圧倒的な実力があったため、パーティーの中での力量バランスを考え、あえて影からのサポートに徹していたのだ。

それどころか攻撃力・防御力、メンバー関係の調整まで全て、彼が一手に担っていた。
リーダーのあまりに不足している実力を、ヨシュアのサポートにより埋めてきたのである。

その事実を伝えるも、リーダーには取り合ってもらえず。
あえなく、追放されてしまう。


しかし、それにより制限の消えたヨシュア。
一人で無双をしていたところ、その実力を美少女魔導士に見抜かれ、『レンタル冒険者』としてスカウトされる。

その内容は、パーティーや個人などに借りられていき、場面に応じた役割を果たすというものだった。

まさに、ヨシュアにとっての天職であった。
自分を正当に認めてくれ、力を発揮できる環境だ。

生まれつき与えられていたギフト【無限変化】による全武器、全スキルへの適性を活かして、様々な場所や状況に完璧な適応を見せるヨシュア。

目立ちたくないという思いとは裏腹に、引っ張りだこ。

元パーティーメンバーも彼のもとに帰ってきたいと言うなど、美少女たちに溺愛される。

そうしつつ、かつて前例のない、『レンタル』無双を開始するのであった。


一方、ヨシュアを追放したパーティーリーダーはと言えば、クエストの失敗、メンバーの離脱など、どんどん破滅へと追い込まれていく。

ヨシュアのスーパーサポートに頼りきっていたこと、その真の強さに気づき、戻ってこいと声をかけるが……。

そのときには、もう遅いのであった。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち