狂壊の先 (外部サイトで読む

朝霧

 魔界の最深部に繋がる扉の封印が解けかけている。
 そんな予言がなされ、かつて扉を封印した勇者と姫の息子である若い王子とその仲間達は扉を塞ぐ為、旅に出る事になった。
 王子はかつて自分の両親の仲間であった魔術師の養子である娘を仲間に加える事を提案する。
 暗い森の中の屋敷に辿り着いた彼等を迎え入れたのは魔術師の使い魔であった毒花の悪魔のメイド。
 そのメイドに誘われ、通された部屋にいたのは、喪服の様なドレスを身に纏った美しい少女だった。
 仲間になって欲しいと頼んだ王子の言葉を喪服の少女は断ったが――引き下がらない王子に少女は溜息を吐きこう言った。
 ……なれば、一つ話を聞け。その話を聞いてまだ私の手を取ろうというのなら……その時は、少しは考えてやってもいい、と
 そして喪服の少女が語りはじめたのはとある女が歩んだ地獄と、壊れた男の話だった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    魔界
    溜息
    彼等
    喪服
    養子
    予言
    封印
    屋敷
    勇者
    最深部
    メイド
    王子
    悪魔
    地獄
    両親
    暗い森
    魔術師
    若い王子

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち