恋人、はじめました。 (外部サイトで読む

桜庭かなめ

 高校2年生の紙透明斗のクラスには、青山氷織という女子生徒がいる。才色兼備な氷織は男子中心に幾度となく告白されているが、全て振っている。クールで笑顔を全然見せないことや銀髪であること、「氷織」という名前から『絶対零嬢(ぜったいれいじょう)』と呼ぶ人も。
 明斗は半年ほど前に一目惚れしてから、氷織に恋心を抱いている。しかし、フラれるかもしれないと恐れ、氷織に告白できずにいた。
 ある春の日の放課後。ゴミを散らしてしまう氷織を見つけ、明斗は彼女のことを助ける。その際、明斗は勇気を出して氷織に告白する。

「これまでの告白とは違い、胸がほんのり温かくなりました。好意からかは分かりませんが。断る気にはなれません」
「……それなら、俺とお試しで付き合ってみるのはどうだろう?」

 明斗のそんな提案を氷織は受け入れ、2人のお試しの恋人関係が始まった。
 一緒にお昼ご飯を食べたり、放課後デートしたり、氷織が明斗のバイト先に来たり、お互いの家に行ったり。そんな日々を重ねるうちに、距離が縮み、氷織の表情も少しずつ豊かになっていく。告白、そして、お試しの恋人関係から始まる学園青春ラブコメディ!
 ※続編が完結しました!(2021.9.19)
 ※旧タイトル:告白を全て断っているクラスメイトのクールな銀髪美少女に勇気を出して告白しました。その結果、お試しの恋人、はじめました。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    恋心
    クラスメイト
    フラ
    好意
    学園青春ラブコメディ
    続編
    放課後
    明斗
    才色兼備
    青山氷織
    氷織
    勇気
    紙透明斗
    お互い
    告白
    半年
    恋人
    ゴミ
    表情
    銀髪

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち