異世界転生したと言い張る王女の専属書記官は落ちこぼれ? (外部サイトで読む

ばびぶ

幼馴染のアリサ王女は異世界転生者だと言い張るんだけど、僕と女神様以外は彼女の妄想だと思っている。そんなアリサの専属書記官になった僕は、気付かぬうちに彼女とある事件に巻き込まれて…

【イメージイラスト&4コマ漫画公開中!】
 ノベルアップ+でイメージイラストと四コマ漫画を公開しています。
 『ばびぶのすけぶ』
 https://novelup.plus/story/882962348

【あらすじ】
 幼馴染で異世界転生したと言い張る王女のアリサを近くで見守るため、魔導騎士見習いになりたい主人公のカイ。

 だがカイは、魔導騎士見習いの試験に落ちてしまう。
 どうやら試験結果が悪かったのではなく、カイより身分の高い貴族の子弟の希望者が多かったのが原因のようだ。

 そんな未だ無役のカイに、思いがけずアリサの専属書記官の職の打診がきた。
 願ってもない話にカイは飛びつく。

 職にありついたカイは、理解し難いアリサの異世界トークに付き合ったり、王城を我が物顔で闊歩するカナルサテン王国の守り神のご機嫌を伺ったりと、忙しく職務をこなしていた。

 そんなある日、有力貴族の次男との婚約話がアリサに舞い込む。

 王族の証である『芽吹きの祝福』が使えないアリサ。
 そんな彼女にとって、有力貴族と婚姻関係を結ぶのは悪くない選択だ。

 アリサの幸せを願うカイも寂しくは思うが、この婚約話は進めるべきだと考える。
 だがアリサが婚約するのなら、流石に男のカイが側近として傍にいるのは憚られる。
 仕事に就いたばかりだというのに、早くもカイは仕事を失い兼ねない状況に……

 そんな中、アリサの周りで彼女を不幸せにし兼ねない動きがあることをカイは知る。
 カイは意を決し、アリサの幸せを守るため行動を起こす!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    我が物顔
    子弟
    守り神
    アリサ
    王族
    novelup.plus
    アリサ王女
    カナルサテン王国
    打診
    ご機嫌
    カイ
    王女
    幼馴染
    有力貴族
    次男
    職務
    専属書記官

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち