異世界から来ただけなのに、第一王子に溺愛されています (外部サイトで読む

夜霞

槙野沙彩《まきのさあや》は、とあるショッピングモールの片隅にあった占いの館で告げられる。

「今日、これから出会う男性を信じてついて行きなさい。それが、アンタの運命を幸運へと導く」

占い師の言葉を信用出来なかった沙彩だったが、その後、地震に巻き込まれて異世界・アマルフィアへとやって来てしまう。

アマルフィアの森を彷徨っていた沙彩を助けてくれたのは、銀髪にエメラルドグリーンの瞳の青年・エグマリスだった。

「ずっと待っていた。俺の姫ーー俺の愛おしい花嫁」

沙彩を溺愛してくれるエグマリスだったが、実はアマルフィアの第一王子でーー!?

※ゆっくり更新します。
※書けるところまで書きます。
※エブリスタ、アルファポリスにも掲載しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    アマルフィア
    エメラルドグリーン
    エグマリス
    エブリスタ
    アンタ
    姫ーー俺
    片隅
    まき
    青年・エグマリス
    愛おしい花嫁
    槙野沙彩
    運命
    沙彩
    占い
    地震
    ショッピングモール
    銀髪
    占い師

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち