リィンカーネーション (外部サイトで読む

エルトリア

突如としてハクライの里を襲った大嵐により、生まれ故郷を失った二人の少女キサラとサヤ。

絶望が引き金となり『死者の声を聞く』異能に目覚める二人。
巫女として絶大な魔力を持つサヤは、その才能を開花させ、里を復活させるというかねてからの夢を叶えようと試みる。

「私、頑張るね。みんなとまた里で暮らそう」

だが、その約束は『反魂術』と呼ばれる禁忌の術で――
希望であるはずのサヤの祈りは、キサラを二度目の絶望に突き落とす。

 ――キサラちゃん、ごめんね。

キサラを生へと駆り立てたのは、皮肉なことにサヤを蘇らせるという禁忌の術『反魂術』への渇望だった。

これは愛する親友のために禁忌を侵した者の、愚かしくも儚い物語――

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    キサラ
    生まれ故郷
    リィンカーネーション
    渇望
    サヤ
    少女キサラ
    引き金
    キサラちゃん
    ハクライ
    魔力
    死者
    巫女
    儚い物語
    親友
    禁忌
    ごめん
    絶望
    才能
    異能
    反魂術

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち