囚われの姫に転生しましたが、勇者が助けに来た後はバッドエンドまっしぐらなので、それまでに魔王城で素敵な思い出を作ります (外部サイトで読む

黒崎ちか

「私は今日、魔王にさらわれる」

 エリーザ・ロンディネは前世の記憶を持っていた。
 そしてここが彼女が前世に遊んでいた、君と愛を紡ぐ王道RPG『アヴェンチュラーミトロジー』の世界であることと自分の役割を知っていた。

 自分の役割は魔王にさらわれて勇者に助けられるお姫様。だが助けに来た勇者は幼馴染みのヒロインと結婚し、二人をお祝いした後は知らない国に嫁がされる。モブのような扱いだった。

 役割通り魔王にさらわれ、あとは勇者に助けられるのを待つだけだと思っていたが、魔王城で用意されていたのは豪華なお部屋に美味しいラーメン?
 ゲームには存在しない監視役のチェルは口が悪くて四天王最弱と自称する変わり者だけれど、話してみると意外と面倒見が良い魔物だった。

 好待遇にとまどいながらも魔王城に馴染んでいく姫と人の感情に鈍感な魔物チェルとの、バッドエンドまでの期間限定なのんびり幸せ監獄ライフ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    チェル
    バッドエンド
    アヴェンチュラーミトロジー
    幼馴染み
    魔物チェル
    変わり者
    エリーザ・ロンディネ
    モブ
    前世
    バッドエンドまっし
    お姫様
    囚われ
    魔物
    王道RPG
    ヒロイン
    勇者
    監獄ライフ
    好待遇
    感情

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち