センパイ!私が癒してあげますよ?

紅月鈴音

俺は、休日出勤、残業、会社に泊まるなんて当たり前、そんな真っ黒な会社で働いている。普通の人なら即退社しているとことだろうが俺には新しく会社を見つける気力がないため今のところ辞めるつもりは無い。

だが俺の悩みの種はもう1つある。それはある後輩の存在だ。俺にグイグイ迫ってくるが俺的にはそんな事してる暇あるなら仕事しろとしか思わない。学生の頃だったら喜んで付き合っていただろう。だがもう社会人だ。今は仕事の事しか考えられん!

「センパイ!この会社は全然ブラック企業じゃないですよ?なんてったって私がいますからね!辛くなったら私が癒してあげます!」

「余計なお世話だ」

「あと、私オフィスラブってすごい憧れてるんですよね!センパイ!どうです?優良物件だと思いませんか?」

「いいから仕事しようか、今日も泊まりになっちゃうから」

これは全力で迫ってくる有能後輩ちゃんと嫌でも仕事のことを優先して考えてしまう先輩のブラックオフィスラブコメディである。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    センパイ
    気力
    有能後輩ちゃん
    後輩
    残業
    全力
    休日出勤
    優良物件
    先輩
    ブラックオフィス
    学生
    私オフィスラブ
    ブラック企業
    存在
    仕事
    ところ
    お世話
    社会人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち