旅人が夢というのなら (外部サイトで読む

ふぁるふぁ

自分がやりたいことをやりたい。

自分がやりたくないことはやりたくない。


人間が誰しもがそう思ったが、今日、やりたいことをして生きている者、やりたいことを仕事に出来ている者はどれだけいるだろうか? 

戦技、魔法という概念が存在して、魔物と未知の脅威が跋扈ばっこする世界『ヴィーセレ』。貴族が存在し、身分が明確化されており、身分に適した職に就くことが半強制されている国『アフィニス』で、夢を抱いて自分らしく自分の為に生きている者はどれだけいるというのだろうか?

これは一人の少年の話。常人なら怖気づく場面でも平気な顔をして、常識や知識はあるのにどこか普通じゃない純石の旅物語。得物は扱えなく、魔法も使えない非力で華奢な人間の人生。

様々な価値観を持った人と出会い、時には祝福されて、時には嫌われて、出会いと別れが日常になる人生の果てに、主人公おのれの命の先に何があるのか確かめる夢物語だ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アフィニス
    跋扈
    ヴィーセレ
    主人公おのれ
    未知
    魔物
    旅人
    貴族
    脅威
    身分
    概念
    常識
    魔法
    純石
    少年
    得物

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち