【小説家になろう】最強魔道士の必殺技は浮遊魔法、あらゆる魔法が使えるけどボス戦のトドメは浮遊魔法で (外部サイトで読む

こまつなおと

 「…………スロス? 呼吸がめんどくさいって人として、どうなのかしら?」

 最強のメイガス『スロス』は世界で唯一の浮遊魔法の使い手。彼は浮遊魔法を極めし男、生きる事をめんどくさいと本気で思うスロスは、生活の全てに浮遊魔法を活用する。

 彼はカロリーを消費したくないのだ。

 コップを持ちたくないから飲み物を浮かせ、腕が疲れるから食べ物を浮かす。

 挙げ句の果てには浮遊させた物体を自在に操って擦り合わせることなど、彼にとってはお手の物。

 スロスはいつしか、彼自身を究極に甘やかせてくれる『怠惰スーツ』の開発を夢見るようになっていた。

 だが現段階では彼の怠惰スーツは試作段階。

「……イラ。俺の研究が完成したんだ」

「……例のアホらしい研究のことかしら?」

「『究極・怠惰スーツ』が完成したんだよ。これで、ひったくりを捕まえてみようかなって」

 本作品は最強のメイガスである主人公・スロスが相棒兼セクハラ対象のイラと共に様々な人々と出会う。その出会いが彼の悲願である『怠惰スーツの開発』に重要な素材を集める起点となっていく。

 スロスは自身の悲願に向けて、彼が極めし『浮遊魔法』を駆使して彼の素材集めに立ちはだかる強敵たちと戦うことになる。

*10話からスロスの浮遊魔法が火を吹きます

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    メイガス
    hellip
    スロス
    お手の物
    トドメ
    悲願
    怠惰スーツ
    起点
    物体
    イラ
    呼吸がめんどくさい
    アホらしい研究
    コップ
    浮遊魔法
    必殺技
    カロリー
    最強
    試作段階
    飲み物
    相棒兼セクハラ対象

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち