庶民のわたしが超有名お嬢様学校に入学し全校生徒憧れの生徒会に入ることになってしまった~ラヴィアンローズ!~ (外部サイトで読む

しきさわ

薔薇ヶ丘学園。その名は決して穢れることも廃れることもない、いつまでも誰にとっても憧れの学園。一庶民には無理だと諦めかけたけれど、一般人でも特待生制度を使えば入学を許されているとのことで猛勉強したわたしは特待生として無事に入学することに!
ここで特待生制度をフル活用し、豪華な設備でたくさん勉強して目立たないように穏やかな日々を過ごすんだーー!……と思っていたのにお嬢様の気まぐれでこの学園の絶対権力を持つ生徒会メンバーにされてしまった……!

とんでもない権力をもっている悪役令嬢顔負けのお嬢様たちと出会って、しかも仲良くなってしまって、妬まれたりもしてしまって、わたしこれからどうなるんだろう……。
お願いだから、気まぐれに自主退学だけはさせないでね……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ラヴィアンローズ
    悪役令嬢顔負け
    自主退学
    庶民
    とんでもない権力
    全校生徒憧れ
    薔薇ヶ丘学園
    憧れ
    入学
    学園
    設備
    わたし
    制度
    たくさん
    一庶民
    生徒会メンバー
    生徒会
    日々
    わたしこれ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち