琥珀色の夢

sarasa

 2150年、人類は大幅に進歩した。人間とそっくりな機械で出来た身体を造り出した。しかし、中身であるAIはなかなかつくられていなかった。そんな中、AI開発者たちの中でもかなりの才能を持つ天野湖白は三機目のAIを搭載人間型ロボットをつくり終わった。そこでうまれた夜明は二機目や一機目とは違っていた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    人類
    才能
    AI
    天野湖白
    琥珀色
    機械
    中身
    搭載人間型ロボット
    夜明
    身体
    人間
    AI開発者たち
    かなり
    一機目
    三機目
    二機目
    2150年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち