婚約破棄から始まる地味令嬢の成り上がり (外部サイトで読む

kusomushichan

国立魔法学園に通うアメリア・ハミルトンは幼なじみで婚約者だった男に突然婚約破棄される。

貧乏で大した権力もないハミルトン家の人間である地味な彼女は、家のためにも婚約破棄されまいと彼を説得しようとするが婚約者の耳には届かない。

挙げ句の果てには婚約者の浮気相手である自称聖女レナに突き飛ばされアメリアは湖へ落ち、泥まみれとなってしまう。

そんな彼らはアメリアを見て笑い、アメリアは悔しさと悲しみで心が引き裂かれそうな思いをしていた。

「婚約破棄するなら俺と婚約しようかアメリア・ハミルトン」

泥まみれのアメリアを救い出し、そんな突拍子もないプロポーズをしてきたのは国の問題児として有名な第3皇子であった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ハミルトン
    泥まみれ
    突拍子
    地味令嬢
    幼なじみ
    プロポーズ
    婚約破棄
    権力
    婚約
    ハミルトン家
    自称聖女レナ
    アメリア
    彼ら
    国立魔法学園
    浮気相手
    第3皇子
    問題児

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち