無色の魔眼使い〜魔眼の家系で俺だけ使えない魔眼だったので追放されたけど、ひたすら魔族の元で修行したら最強になりました。魔王軍の方が給料いいので、今更戻ってこいと言われても、もう遅い (外部サイトで読む

250円

「貴様は一族の恥だ。今すぐ、ここから出て行ってもらう」

最強の魔眼【無限色の魔眼《オールコード》】を目指す貴族の家系に生まれたアクスはある日、父親であるハインツからそう宣告された。この日は一族に伝わる魔眼開眼の儀。

妹と弟は優れた魔眼を開眼した。しかし、アスクが開眼したのは【無色の魔眼《ノーコード》】と呼ばれる最弱の魔眼だった。

貴族である父親は彼の存在を抹消するために、アスクを魔大陸へと追放する。

追放されたアスクは伝説の魔族に拾われ、数年間、魔大陸で修行をする。

「アスク、人族の魔法学園に潜入してくるのだ」「魔王様、その任務はどれほどの給金でしょうか…?」「ゴニョゴニョ」「今すぐ行ってきます!!」

 5年の修行を経て、彼は立派な守銭奴になっていた。師匠の金遣いの荒さ、収入の少なさもあり、彼は実力を買われ魔王直属の部下として、人族の魔法学園へ潜入する。

「アスク、今の魔法はっ!?」「普通に魔力飛ばしただけだけど…」「もしかしてアイツが【無限色の魔眼《オールコード》】なんじゃ!?」「今すぐ実家に帰ってこい!」「やだよ。だって貴族って金になんないもん」

 これは少しでもお金を貯金したい守銭奴の主人公が金払いのいい魔王のもとで、お金と仲間を守るために奮闘する物語

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アクス
    ハインツ
    給金
    アスク
    無色
    アイツ
    魔力
    一族
    家系
    任務
    貴族
    師匠
    部下
    魔眼開眼
    魔王直属
    修行
    今更
    守銭奴

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち