半貴石の菊 (外部サイトで読む

穂立ちづ子

 ――時代は1939年 (昭和14年)

 葉月のある日、主人公である菊之助は四年前に亡くなった幼馴染で許嫁である、みよ子が何故か見えるようになる。
 菊之助は亡くなった彼女が現れたことを戸惑いながらも、昔のようにみよ子に接していく。――自分の所為で彼女は死んだと自身を責めながら。一方、みよ子はそんな菊之助に想いとひとつの願いを抱いていた。

  葉月に長月。霜月に師走。弥生に卯月。
  月や時間が過ぎ去ると共に、やがて時代は戦争時に移り変わり、菊之助も兵隊として戦うことになってしまう。

  ――四年前に止められていた二人の間を繋ぐ花が、今ゆっくりと開いていく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    菊之助
    みよ子
    許嫁
    長月
    霜月
    兵隊
    弥生
    幼馴染
    主人公
    半貴石
    彼女
    戦争時
    自身
    時代
    所為

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち