下痢待ち

國灯闇一

玲(あきら)と優志(ゆうし)は大学の講義を終えた後、優志が住んでいるマンションに向かった。講義終わりが一緒になった時には、優志の部屋でくつろぐことが習慣になっていた。

優志の部屋に来た際、玲にはちょっとした癖があった。
玲はいつものようにそれを実行する。
しかし、それが悪夢のような出来事の始まりだった————。

理不尽にもコメディなお話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    mdash
    コメディ
    下痢
    悪夢
    講義
    優志
    出来事
    習慣
    マンション
    あきら
    大学
    部屋

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち