雪の魔術師 (外部サイトで読む

西田環

<あらすじ> 
 クリスマス・イヴの北海道・札幌。雪降る夜、三田ありさ一家の車は立ち往生していた。その前に現れ、誘導してくれた見知らぬ男。そのしなやかな身体の動きと的確な指示に、ありさは魅せられる。
 男は身元不明の記憶喪失者であったが、仮に雪野進と名付けられ、やがてありさと愛し合うようになる。
 しかし、進はひき逃げにあい、入院中の病院から抜け出し、行方不明になる。
 失意のありさは、ある日、新聞に、投資会社代表・矢吹義人として映っている彼を見つけて…。
 舞台は、雪の北海道から、東京・大手町へ。
 華やかなビジネスの世界で活躍する義人を追って、ありさはその世界にとびこもうとするが、裏切りや陰謀が待ち受けていた。
 やがて、義人は、ありさをその人と知らぬままひかれるようになる。
 義人は再度危機に見舞われるが、ありさの機転で救われる。
 北と南から来た二人が偶然出会い、二度恋に落ちる。その生きざまと運命、お菓子作りの得意な平凡な女性の夢から生まれるフード・ビジネスの展開などを楽しんでいただきたいです。
<主な登場人物>
●三田ありさ:北海道にある喫茶店“りら”の一人娘。後に、東京の月岡製パンにて、フード・プランナーになる
●矢吹義人:矢吹グループ本社の専務。傘下の投資会社“アジア・キャピタル”の社長を兼務している。後に、矢吹グループ本社の社長(CEO)に就任
●藤木亮:ニューヨーク帰りの公認会計士。義人の片腕
●堀田圭子:ありさの大学時代からの友人。大手のエム食品工業に勤務
●月岡康之:月岡製パンの社長の長男。のちに子会社の月岡フード・システムズの社長に就任
●森ゆずる:異才のバリスタ。ありさのアシスタントになる
●乙川優菜:ありさの大学の後輩。同じく、ありさのアシスタントになる
●山崎副社長:義人の父と共同で会社を興したが、陰謀をめぐらす
●アンディ山崎:山崎副社長の次男。音楽コーディネータ―で人気DJ。ニューヨーク在住
●高柳レナ:山崎副社長の姪。裕福な貿易商の娘で、高級雑誌のモデル
●雪野進:身元不明の男

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    月岡康之
    義人
    失意
    片腕
    機転
    矢吹義人
    バリスタ
    高柳レナ
    堀田圭子
    ひき逃げ
    雪野進
    専務
    藤木亮
    傘下
    身元
    陰謀
    アンディ山崎
    プランナー
    のち
    乙川優菜

    Web Services by Yahoo! JAPAN

お知らせ

お久しぶりです。エブリスタで投稿している小説『雪の魔術師』を、大幅に加筆し、改訂しました。長編になりますが、よろしくお願い申し上げます。お仕事恋愛小説です。少しミステリーが入ります。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち