電車の窓の内側の (外部サイトで読む

まきのまき

高校を卒業して13年。気付けばしばらく彼氏もいない独身アラサーになってしまっていた都。高校時代の同級生との女子会の帰り道、偶然再会したのは兄の親友大輝だった。
あの時ああしていれば、と後悔しながらも前に進み続ける私達。時を経て変わっていくもの、変わらずにいるもの。大人だからこそ難しいこと、気付けること…
そんな大人の恋のお話を書いてみました。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    親友大輝
    帰り道
    独身アラサー
    内側
    同級
    電車
    気付けること&hellip
    高校
    彼氏
    高校時代
    大人
    女子会
    私達
    難しいこと
    お話
    13年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち