【短編】学校に内緒でダンジョンマスターになりました。Ⅰ (外部サイトで読む

琳太

 世界にダンジョンが現れて20年が過ぎると、ダンジョンは日常となった。
 探索者になるにはいくつか方法はあるが、迷宮高等専門学校探索者科を卒業すれば上位資格者と呼ばれる。
 大和は高専に通う二年生、いや誕生日を迎え三年生になった。
 だが学校でいじめにあい、実は進級すら危ういられた。
 中隊も視野に入れ、18歳の誕生日を迎えた大和は自主的に免許を取得し、春休みに実家に帰る。
 そんな時、実家の裏山にダンジョンが出現し、大和はそのダンジョンに挑戦する事にしたのだった。 
 続編の短編【Ⅱ】と連載版もあります。連載版はカクヨムとアルファポリスで投稿しております。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ダンジョンマスター
    アルファポリス
    中隊
    カクヨム
    進級
    高専
    裏山
    短編
    ダンジョン
    内緒
    大和
    視野
    免許
    実家
    迷宮高等専門学校探索者科
    誕生日
    探索者
    連載版
    日常
    上位資格者

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち