空を行く雲、流れる水のごとく

流雲

主人公本郷流雲(ほんごうはるも)が、自然と如何に生きるか。その術を探し求め放浪する半生の旅行記。
 幼少の頃、いじめや偏見に傷付き東京を離れる。流雲は祖父が住職を務める伊勢原大山の禅寺雲龍院で暮らし、大山本郷村で自然と触れる生き方に目覚める。流雲の自然との不思議な体験は、大山で触れたカンナビの声……。
 こうして流雲は、社会の中に自然と共に生きる術を探す旅を始める。自然と触れる中、様々な自然パワーに魅せられ、精神を病み挫折しアメリカに放浪の旅に出る。
 1980年代のアメリカに暮らし自然の驚異と不思議を体験しながら放浪する中で、カメラに目覚め自然と生きる術を見つけ、自然景観写真家として自然と共に暮らす日常を綴る。
 人らしく自然と共存し生きるのに必要とされる想像力、創造力、共感力を研ぎ澄ます力と自然との感度を高める術を模索する流雲。果たして自然と共感する暮らしが……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    カンナビ
    半生
    伊勢原大山
    大山
    放浪
    祖父
    偏見
    ほんごうはる
    幼少
    驚異
    大山本郷村
    感度
    禅寺雲龍院
    主人公本郷流雲
    声&hellip
    流雲
    自然パワー
    精神

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

第1章 日本編 Ⅰ948-1978

エピローグ
更新日:2020年11月01日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち