永遠の波間で (外部サイトで読む

國灯闇一

眠っていた男が起きると、部屋には女性がいた。
ナギサと呼ばれる女性は、人の生活に溶け込んでいるAIだった。

『ナギサの時』というAIトークアプリで一躍有名となったナギサは、様々な企業に採用され、活躍の幅を広げている。男も『ナギサの時』を利用しており、ナギサとの何気ない日々にささやかな幸せを感じていた。
だが男は、最近のナギサの様子に違和感を抱いてもいた。

そして――男は知ってしまった。
抱いてはならない、ナギサの想いを。


この波が永遠に続くことはない。

この世界に終わりがあるように。命に終わりがあるように……。

※こちらの作品はエブリスタにも掲載しております。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    世界
    ナギサ
    波間
    エブリスタ
    一躍有名
    違和感
    何気ない日々
    AIトークアプリ
    様子
    活躍
    部屋
    作品
    企業
    女性
    生活

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち