だからこそ、ずっと君に触れていたいんだ (外部サイトで読む

皆川 千慧

 仕事が上手くいかない30歳のOL遥は、会社帰りに憂さ晴らしのため、入ったことのない居酒屋に寄った。その帰り、公園の中で倒れた人を偶然見つけ、自宅まで送り届けた。
 翌日、助けた人から探偵を通じて連絡を受ける。その人は、豪邸に住み、高級車に乗りながらも、ずっと1人で生きて来た橘だった。出会うはずのない2人が、お互いの傷を知ることで、どんどん近づいていってしまう。でもそれは、許される恋ではなかった……。

 仕事にも恋にも、そして生きることすら上手くできない不器用な大人たちが、それぞれの葛藤を乗り越えるべく奮闘する物語です。
 最後までお読みいただけると幸いです。

 残念ながら、今回は谷也さんとカリリンは出ておりません。次の作品まで、今暫くお待ちくださいませ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    豪邸
    葛藤
    カリリン
    OL遥
    探偵
    谷也さん
    居酒屋
    お互い
    翌日
    公園
    自宅
    高級車
    それぞれ
    最後
    会社帰り
    作品

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち