もう一度、ソウルメイトのあなたと (外部サイトで読む

皆川 千慧

 ある日、藤崎は電車の中で、ホロホロと泣き続ける女性を見かける。しかし、泣いているのはガラスに映っている彼女だけで、実際の彼女は泣いていないことに気が付いた。
 藤崎はそんな彼女に惹かれていく。なんとか言葉を交わすことができ、初デートに漕ぎ着けた。
 デート先で、彼女が不思議な行動をし始める。
 落ち着いたとき、藤崎は知ることになった。
 あの泣いていた女性は、彼女の「前世」であると。
 これをきっかけに、藤崎は自分の中にあった、高次元の存在と繋がることができる自分の能力に、目覚めることになった。

 生まれ変わりをテーマに、1組の男女が、自分たちはソウルメイト(魂の伴侶)であることに気づき、共に成長していく物語です。

「転生」物とは少し違った、もう少し現実に近い「転生」のあり方を、ファンタジーとして読んで頂ければと思います。

 最後までお読みいただけると、幸いです。

 途中「谷也修二とカリリン」は、私の初投稿作「舞台の上から君が見つけられれば、僕は安心なんだ」の後日談です。よろしければ、そちらも読んで頂けると、もう少し細かい登場人物像が分かります。大好きな2人ですので、これからも大切にしていきたいと思っております。お楽しみに。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ソウルメイト
    谷也修二
    前世
    藤崎
    カリリン
    転生
    ファンタジー
    後日談
    ガラス
    男女
    細かい登場人物像
    電車
    舞台
    きっかけ
    途中
    能力
    高次元
    初デート

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち