代理告白してきた美少女が本当は俺のこと好きじゃないかと思うけど、勘違いだよね!? (外部サイトで読む

書峰颯

ある日、柿崎恭弥は体育館裏にラブレターで呼び出された。生まれて初めての告白に胸を高鳴らせる恭弥の前に現れたのは美少女として有名な七草夢だった。
「あ、ごめんなさい。これ代理ですから」
「……はい?」
前代未聞の代理告白に戸惑う恭弥だったが、不思議なことにこの日を境に夢との距離が縮まることに!
「お弁当、作ってきてあげようか?」
「もしよかったら、弓道部に入らない?そしたら毎日一緒に……」
だが、そんな夢には「片思いの男がいる」という噂があった。
真意が分からないまま彼女と時を過ごすうちに恭弥の思いは募り、そして……真実が知りたくなる。
代理を依頼したのは誰なのか?夢の片思いの相手は誰なのか?
「私の片思いの人はね---」

代理告白から始まるジレジレ甘々なラブコメディ、ここに開幕!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    ラブコメディ
    柿崎恭弥
    前代未聞
    真意
    片思い
    恭弥
    七草夢
    弓道部
    開幕
    勘違い
    代理
    代理告白
    告白
    ラブレター
    距離
    体育館裏

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち