からくりの鼻唄 (外部サイトで読む

月澄狸

舞台はロボットたちが主な労働力となりつつある近未来の世界(レトロ風)。世界は大分平和になり人々の心にも余裕ができ 好きなことをたくさんできる社会になっているが、それでも偏見や差別やすれ違いそして強欲な人の思惑がちらほら見える。主人公(人間)は 訳ありで持ち主に手放されたロボットたちと日々楽しく暮らすことを目的としており、それ以外に特に積極的になることは無いが よりロボットや人間が平和に暮らせる方向へ向かうことを望んでいる。

※「小説家になろう」に投稿した作品をカクヨムとアルファポリスに重複投稿しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    カクヨム
    近未来
    思惑
    からくり
    偏見
    重複
    鼻唄
    持ち主
    差別
    ロボット
    強欲
    主人公
    人々
    余裕
    舞台
    方向
    レトロ風
    ロボットたち

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち