女装した準聖女が男だとバレた話 (外部サイトで読む

手嶋ゆき

 準聖女とよばれる俺は……男だ。
 完璧に女装をして、王城勤めとなり、麗しの聖女様と務めを果たす。
 今のところ男だとはバレていないはずだ。たぶん。
 俺が聖女様に惚れていることは、もちろん内緒だ。

 そんなある日、俺が男であることが意地悪な公爵令嬢に……バレた……?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    公爵令嬢
    準聖女
    女装
    内緒
    バレた&hellip
    バレていないはず
    麗しの聖女様
    王城
    バレた話
    聖女様
    ところ男

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち