落ちこぼれ魔術師エーフィーと心召すお星様 (外部サイトで読む

まるだし


偉大な魔法使いの家系でありながら、才能に恵まれなかったエーフィー。

ある日、学院室の呼び出しに馳せ参じた彼女だったが、のっけからとんでもないことを告げられてしまう。

「貴方の大叔母にあたるマーフィーにはね、3億デルの借金が有ったのだよ。これはとんでもない事態だねぇ」

「え〜〜〜!! そんなの聞いてないよーーーーー!!!!」

失意と共に、家の地下にある書庫に出向くエーフィー。
遺産の整理にと、掃除をしている中、一個の宝箱に躓いてしまう。
興味本位で中を開いてみると、そこには一通の手紙と喋る煌くお星様、中身の無い砂時計が入っていたのだ。

「あ! エーフィー今青色だね? ちょっと驚いてるのかな?」

なんと、そのお星様は人の感情が色になって見えるそうなのです。

「願いを叶えることで貴方が解放されるのね? 大叔母様の最後の願い、必ず叶えてみせる!」

果たして彼女達は、願い事を叶えられる煌く流れ星になることが出来るのでしょうか?


※ノベルアッププラス 小説家になろう 同時掲載
エブリスタで先行配信

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    失意
    マーフィー
    流れ星
    エーフィー
    書庫
    エブリスタ
    家系
    落ちこぼれ魔術師エーフィー
    無い砂時計
    魔法使い
    エーフィー今青色
    才能
    借金
    遺産
    手紙
    貴方
    とんでもない事態
    地下
    ノベルアッププラス
    感情

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち