幾多の線を越えた先 (外部サイトで読む

AsakuraHaruhiko

モニター越しに幾多の世界を監視する。
それが…僕がこの役目になってから大半の時間を費やしてやってきたことだった。
そしてある時は世界を救いに奔走し…
そしてある時は世界を終わらせるために暗躍する。

青い本を手にしたときから、僕は人ではなくなり…
人に見えていた生物は仕掛け通りに動くロボットに成り替わった。
これは"本"を手にして幾多の世界を管理する者の並行世界漂流記。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    quot
    役目
    大半
    ロボット
    並行世界漂流記
    生物
    本"
    モニター越し
    青い本
    通り
    世界
    時間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち