絶対に夜空は見上げない

シネラマ

【あらすじ】
彗星カサンドラが地球の近くを通過する日。世紀の天体ショーを見に集まった人々の中、小学生の彩子だけは絶対に夜空を見上げないと誓っていた。

【説明】
あることで、ちょっと悲しい思いをした女子小学生の、とある夜のお話を描いた短編小説です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    彗星カサンドラ
    彩子
    夜空
    あらすじ
    天体ショー
    短編小説
    地球
    小学生
    人々
    女子小学生
    近く
    説明
    お話

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち